冷え性

このようなお悩みはありませんか?
  1. 布団に入っていても靴下をはいても足が冷える
  2. 肌の乾燥を感じる
  3. 足にむくみがあり気になる
  4. お腹の調子が悪い(便秘・下痢)
  5. 何のダイエットをしても痩せにくい

冷え性はなぜ起こってしまうのか?

冷え症は、特に女性に多く見られ、その症状は手足の冷えから不眠症、イライラ、むくみ、体重の増加、便秘や下痢など多岐にわたります。冷え症の原因は、血液循環の低下、内臓の冷え、ホルモンのバランスの乱れなどによるものです。

冷え症に対処するためには、以下のような対策が考えられます

  1. 適切な服装: 寒冷地に出る際や寒冷な季節には暖かい服装を心がけましょう。特に手足や頭部をしっかりと覆うことが重要です。
  2. 温かい食事: 温かい飲み物や温かい食事を摂ることで、体温を保つのに役立ちます。
  3. 適度な運動: 適度な運動は血液の循環を促進し、体温を上げるのに役立ちます。
  4. ストレスの管理: ストレスは血管収縮を引き起こし、冷え症の症状を悪化させることがあります。リラクゼーション技巧やストレス管理の方法を実践しましょう。
  5. ホルモンバランスのケア: ホルモンバランスが冷え症に影響を与えることがあるため、生活習慣や食事に気をつけ、ホルモンバランスを整えることが大切です。

冷え症は生活習慣の見直しや適切な対策を通じて改善できることが多いです。ただし、重度の症状がある場合や何らかの基礎的な健康問題が疑われる場合は、医療専門家の助言を受けることをおすすめします。

冷え性になる原因は?

冷え性は、個人によって異なる原因や考慮されることがあります。 以下に、冷え性の一般的な原因と影響を考慮していくつか挙げてみましょう。

  1. 低体温: 基礎体温が低い人は、一般的に体温が下がりやすく、性状になりやすいです。これは、体内での熱産生が不足している可能性があります。
  2. 血行不良: 血液がうまく全身に循環しない場合、特に手足が冷えることがあります。この血行不良は、血管の緊張や拡張が適切に調整されないことによって行われることがあります。
  3. 低い筋肉量: 筋肉は体内で熱を生成する主要な組織の一つです。 筋肉の量が不足すると、体の熱の生成量が減少し、冷えに繋がる可能性があります。それに比べて筋肉量が少ない傾向があります。
  4. 骨盤の歪みや姿勢の悪さ: 骨盤の歪みや姿勢の悪さは、自律神経の乱れを生じる可能性があり、これが血行不良を促進することがあります。
  5. 冷たい環境: 寒冷な気温や風冷の環境に長時間さらされると、体温が下がり、冷え性の症状が現れることがあります。
  6. ストレス: ストレスは自律神経を乱し、血管の緊張を考える可能性があります。これにより、血行が異常になり、冷え性が悪化することがあります。
  7. 冷たい飲み物の摂取: 冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎると、体内の熱が奪われ、冷えの原因となることがあります。

冷え性の症状を改善するためには、これらの課題に対処することが重要です。正しい服装、温かい食事、運動、姿勢の改善、ストレス管理、体温の調整などがあれば対策です。その場合は、医師や専門家のアドバイスを受けることがおすすめです。