TFCC損傷(手首の痛み)

  • 鍋やフライパンを持つと痛い
  • ドアノブを回す時に痛い
  • 雑巾を絞る動作で痛い
  • 手首の小指側を押すと痛い
  • 手首を動かすと痛い

TFCC損傷の原因は?

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷とは・・・・・・・

手首の小指側にある軟骨が損傷し痛みがある状態です。

繰り返しの外力で痛めてしまう場合もあれば

一度の外力で痛めてしまう場合もあります。

重傷でなければ安静時に症状がでることはありません。

しかし

ドアノブを回す動作やペットボトルの蓋を開ける動作など手首をねじる動作で痛みが誘発されます。

そのため、痛みが出ないように反対側の手でドアノブを回したり、反対の手でペットボトルの蓋を開けたりして患部にかかる負担を減らすことが重要です。

 

TFCC損傷の原因は・・・・・・

転倒した際に手をついてしまった

仕事で手をよく使うことが多く手首を捻じるような動作が多い

ラケットを使うスポーツなどで痛めてしまうことが多いようです。

TFCC損傷は、手首の軟骨の損傷でなかなか治りが悪いと言われています。

それは、軟骨自体が骨や筋肉などのように再生しづらいと言われているからです。

そのため、早めの施術をおススメします。

 

TFCCって何??

TFCCは手首の小指側にあり、2つの骨(橈骨と尺骨)の間を結んでいる靭帯や腱、軟骨などの軟部組織の集合体のことを言います。

この集合体を『三角線維軟骨複合体』と呼び、この用語の英語表現(Triangular Fibro Cartilage Complex)の頭文字をとってTFCCと呼んでます。

 

痛みが出る原因

手首の動きはあらゆる方向に動くように構成されているため、負担がかかりやすい部位とも言えます。

急性的な外傷だけでなく慢性的な使いすぎによる痛みもよく起こります。また加齢による関節の摩耗で炎症がおきてしまう場合もあります。

 

TFCC損傷のリスク因子

①加齢
②関節リウマチや痛風持ち
③テニス、野球、ゴルフ、バレーボール、バスケットボールなどのスポーツ活動

などが挙げられます。

TFCC損傷の施術方法

 施術方法

急性期(怪我をして間もない状態)はまず炎症を落ち着かせることが最優先になります。

アイシングをしっかりしながら炎症を落ち着かせていきます。

 

特別な電気施術としてソーマダインという微弱電流の機器やハイボルトという患部に炎症が起こっているときに効果を最大限発揮してくれる機器を使用します。

 

 

⇒特別な電気施術はこちら

 

炎症が治まったら今度は関節の動きを良くしていきます。

手首は怪我をして安静にしていると動きが悪くなってしまいます。

これを良くしていくにはリハビリが必要になってきます。

方法としてはAKA療法を使ったり

手技療法を使います。

有効なストレッチ・マッサージ・セルフケア

→手関節小指側へのストレス(負担)を軽減するためにストレッチやマッサージなどが有効です。

肘から手にかけての前腕の筋肉を全体的にマッサージし、柔軟性を保持することで手関節への負担を軽減します。

痛みがある部分はあまり強く押しすぎないことが大事になってきます。

手のひらのマッサージも有効です。

親指の付け根から手のひらの中央にかけて全体的にマッサージをします。

手のひらの筋肉の柔らかさを保持することで手関節へのストレスを軽減することができます。

TFCC損傷の施術時間と料金目安

初診の施術は問診(症状や患者様の日常生活での負担などお聞きさせていただきます)も含めて60分ほどお時間をいただいております。

急ぎの方は事前にスタッフへお伝えください。

例 〇〇時までに院を出たい。とお申しつけください。 

 

→アクセス・料金表

夜20時まで受付しております!

交通事故の治療は21時まで受け付けております。

日曜・祝日も営業しています!日曜・祝日は午前のみの受付になります。

駅徒歩1分で通いやすい◎

予約制で待ち時間ほぼなし◎

お客様の声 | めいほく接骨院 北区上飯田院

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいております

  • TFCC損傷 手首の痛み

    手首が痛くて日曜日にやっているとホームページで知ったので行きました。予約せずに行ってしまったのですが、快く対応して頂きとても気持ちがよかったです。手首は電気刺激とテーピングをしていただき結構楽になりました!また、日常生活での気を付けることなども教えていただき、とても親切な先生でした!
    スタッフさんの対応もよく、院内の雰囲気も落ち着く感じなので周りの人にも教えてあげたいです!
    夜20時まで受付をしてくれるのも助かりました!

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。