へバーデン結節

  • 指の第一関節だけが腫れている。
  • 仕事で指を使うことが多い。
  • 指の痛みを軽減させたい。
  • 指先が強張る。
  • 指先が曲がっている。

へバーデン結節とは?

へバーデン結節は、指の第一関節(DIP関節)が曲がってしまう状態で、通常、第一関節の両側に腫れたようなコブ(結節)が形成されることが特徴です。結節の形状は進行度によって異なりますが、変形が一般的な症状です。この疾患の原因は明確には解明されていませんが、特定の傾向がある人によく見られます。

へバーデン結節の症状は、人差し指から小指にかけての第一関節が腫れたり曲がったりして、正常な動きに制限が生じることがあります。時には痛みも伴うことがあり、握力の低下なども発生することがあります。進行すると、指の変形が進むことがあり、この場合は手術や注射などの保存的な治療方法が選択されることがあります。

へバーデン結節の原因には、40歳前後の女性に発症しやすいという特定の年齢層や、手を多用する仕事や作業を行う人、遺伝的な要因などが関連していることがあります。稀には、第一関節近くに透明な結節(ミューカスシスト)が見られることもあります。

指の変形や痛みに悩む場合は、専門の医療機関を受診して適切な診断と治療を受けることが重要です。

当院でのへバーデン結節の治療

ヘバーデン結節は指に痛みや不快感をもたらす可能性があり、これらの症状を軽減する方法は多くの患者様にとって非常に重要です。

ハイボルト療法は、痛みや炎症を緩和するのに効果があるとされ、特に神経圧迫による痛みの緩和に有効です。

テーピングなどの処置や骨盤矯正など、痛みの原因に合わせて多角的なアプローチを提供します。

さらに、ヘバーデン結節の改善には早期の治療が重要です。患者様は症状が現れた際に早めに診察を受け、

適切な治療を開始することで、症状の進行を抑制し、快適な生活を取り戻すできるでしょう。